千葉・柏リハビリテーション学院

就職進路

卒業生の声

医療法人社団葵会
柏たなか病院
作業療法学科2020年卒業
斎藤 端希さん
千葉県立流山北高等学校出身

患者様一人ひとりの暮らしや
お住いの状況に合わせて
訓練できるのが、
作業療法士のやりがいです。

様々な部署を経験するために8ヵ月ごとに配属先が変わるので、入職してからも勉強の毎日です。現場では「学校で学んだことが、こうして活かされているんだ」とたびたび実感しています。学生時代は苦手な科目もあったのですが、諦めずに勉強してよかったです。入職1年目はわからないことも多く、すぐ先輩に聞いていましたが、2年目となった現在、まずは自分で調べて身につけることを心がけ、治療の知識を増やしています。患者様の暮らしを支える作業療法士になれるよう日々奮闘中です。

医療法人社団創造会
平和台病院
理学療法学科2021年卒業
山口 翔さん
茨城県立取手第一高等学校出身

キーワードは
「医療×身体動作×コミュニケーション」。
それを満たす職業が
理学療法士でした。

今は入職した時と比べ業務に余裕ができたことで、一人ひとりの患者様としっかり向き合えている実感があり、「考えてリハビリをすること」に面白みを感じています。学校で学んだことは今に活きていますし、自分のベースになったことは間違いありませんが、理学療法士になった今でも自己研鑽は欠かせません。勉強したことや現場で学んだことを少しでも患者様の治療に反映させていきたいと思っています。理学療法士は「文系だからなれない」などはありません。理学療法士になりたいという意志を持って1年次からコツコツ勉強する。それが大切です。